吉村形 新作木版画 Buchi-Gami

今回発表する木版画は3点です。
毎年この時期になると干支を彫っていて2018年は戌。今迄とは違うアプローチで制作しました。
今年はくぬぎの森で僕の展覧会”くぬぎの森寄生計画”を企画してもらい、4カ月間かなり集中して森と対峙することが出来ました。そこからインスピレーションを得た”形”の一つが犬の姿をした”ぶち神”Buchi-gamiです。くぬぎの森の主のような…神のような存在です。この森を守り、僕らをも守ってくれる。そんな生き物です。


I’m hungry 
Size350×500mm
3万円税込  額付き
限定30

“くぬぎの森に現れたぶち神。柏の木の下に鎮座し、こちらを眺めている。
いつも腹を空かし笑っている。”


額size
フレーム 淡いシルバー
マットゴールド
515×728mm
Buchigami 2018 
160×210mm
1万4千円税込  額付き
限定30


“ぶち神の仮面
くぬぎの森に現れるぶち神の顔を模した面だ。この面を被りる火を眺めると心鎮まる。”

額size 370mm×440mm
フレーム オリーブ
マット シルバー
額size 370mm×440mm
フレーム 紺
マット ゴールド


日本犬2018
160×210mm
1万4千円税込  額付き
限定30

“ぶち神の先祖は、柴犬のような原初的な姿ではないようだ。狆やマルチーズなんかの愛玩犬が、森に迷い込み姿を変えた?のかもしれない。”


額size 370mm×440mm
フレーム シルバー
マット ゴール

今回はマットをゴールドやシルバーを使いました。重厚感増し、凄く気に入っています。決してキラキラはしておらず、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

来年は”ぶち神”やくぬぎの森の風景から出来た版画や木彫を発表していきます。お楽しみ‼︎


ご購入を希望される方

送料は別途掛かります。発送は来年2018年1月4日から開始致します。

お問い合わせ

お手数ですが下記へメールを下さい。折り返し連絡致します。
keihammkidsart@gmail.com




Kei Yoshimura

彫刻家吉村形の仕事を紹介。熊本県小国町くぬぎの森美術館で"くぬぎの森寄生計画"と題し2012年から森の中をフィールドに制作中。くぬぎの森にある木や石の魅力を彫り出していき、自然の中で間借りしながら"森を彫刻する"が今の僕のテーマである。

0コメント

  • 1000 / 1000